ふるさとチョイス買収される

投稿者: 管理人 投稿日:

日本最大級のふるさと納税プラットフォームの「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクが、IT関連企業の子会社になったようです。

・株式会社トラストバンク(売上高60億円、営業利益8憶円、純資産11億円)

・株式売却額 約48億円

・株式売却先 株式会社 チェンジ(IT関連企業)

チェンジの主要事業は、企業や政府官公庁の生産性向上のためのテクノロジー活用および人材育成。自治体向けITプラットフォームのコンサルティングで実績がある。2016年にはマザーズに、2018年9月には東証1部に上場している。

チェンジの直近(2018年9月期)売上高は26億円。一方、トラストバンクの直近

日本最大級のふるさと納税プラットフォームの「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクが、IT関連企業の子会社になったようです。

・株式会社トラストバンク(売上高60億円、営業利益8憶円、純資産11億円)

・株式売却額 約48億円

・株式売却先 株式会社 チェンジ(IT関連企業)

チェンジの主要事業は、企業や政府官公庁の生産性向上のためのテクノロジー活用および人材育成。自治体向けITプラットフォームのコンサルティングで実績がある。2016年にはマザーズに、2018年9月には東証1部に上場している。

チェンジの直近(2018年9月期)売上高は26億円。一方、トラストバンクの直近売上高はその2倍以上となる60億円。また、チェンジによるM&A対価48億円は、チェンジの売上高の2倍近くで、トラストバンクの純資産の4倍以上。まさに、小が大を飲み込むM&Aとなっています。

売上高はその2倍以上となる60億円。また、チェンジによるM&A対価48億円は、チェンジの売上高の2倍近くで、トラストバンクの純資産の4倍以上。まさに、小が大を飲み込むM&Aとなっています。

カテゴリー: お知らせ