一度まとまった遺産分割を、やり直したいと考えることがあるかもしれません。この場合、「共同相続人の全員が、既に成立している遺産分割協議の全部又は一部を合意により解除した上、改めて遺産分割協議をすることは、法律上、当然に妨げられるものではない」との最高裁判決(平成2年9月27日)がありますが、「相続人間の合意」という法律上の行為と「課税庁の判断」は別物です。

遺産分割協議のやり直しによって、配分し直した財産は、贈与・交換・売買等の遺産分割以外の方法によって取得したものとして扱われ、贈与税や譲渡所得税が発生してしまうからです。

遺産分割協議のやり直しは、たとえ「申告期限内」でも認められないのが原則。であるがために、遺産分割協議には慎重さが求められるのです。